人間は誰でも死ぬ。だからこそ、死と向き合わなくてはならないことを教えてくれたマンガ。

自分が影響を受け、そしてここで紹介するアニメは、鬼頭莫宏先生作品、「自身陣の」だ。こういう品物は、通称ロボット漫画であり、高さ500メートルの明確ロボット「ジアース」が敵のロボットをやっつけ、地球を続けるお話だ。パイロットは複数ニックネームの少年女の子で、ここまではロボット漫画としては物珍しい下ごしらえではありません。機体のボリュームがものすごく警官いと言うくらいでしょうか。ガンダムやマジンガ―Zは18メートル傍らだ。

こういう品物の下ごしらえで衝撃的なのは、パイロットは、戦闘以後、必ず死ぬ、ということです。中心人パブリックたちが乗っかるロボット「ジアース」のパイロットとして選ばれた少年女の子は15人。はじめ回の戦闘ではじめ人、管轄者として選ばれ、闘い、勝ち、そして死にます。ロボットの作用に、人はじめ人の命を扱うのです。はじめ人視線は戦闘以後、ロボットから転落して死んだと思われていましたが、二人視線はまるで心臓発作でも起こしたかのようにその場で死んだことから、少年女の子はこういうロボットのプレイの管理を知ることになります。後、連中は、自分たちが必ず死ぬ、という内情と向き合わなくてはならなくなりました。

死と取り扱う。これがこういう品物の主題だ。管理を知らされて以降のパイロットらはじめ人はじめ人は、各々の意識で死と向き合っていきます。死ぬ前に恨みの居残る相手に報復始める者、死んだ上、自分の内臓を病気に耐える友人に提供する者、愛する一家を続けるために命を取り扱う者、様々です。そして、少年女の子らが死と扱うように、読者です私も一緒に死と取り扱うのです。

人は死にます。不規則などありません。チャットの連中は、ロボットの管理によって死なねばなりませんが、私達のある現実の世界も、主流は理不尽に死に直面します。だからこそ、生きている間に、しっかりと自分自身で考えなくてはならないのです。自分は、こういうアニメを通してそれを知りました。

アレルギー

アレルギーは、その後、私たちは化学薬品、添加物、洗練された食品、硬化(酸化)脂肪、毒素、ワクチン、人工皮膚及び家庭用製品に自分自身を公開し、私たちの社会でますます一般的になってきている。

出生時の母親から小さな子供最初の「細菌性ショック」、これは、免疫系を誘発するために非常に重要です。あまりにも多くの洗浄は、それが簡単に作成することができますので、同様に問題とシェリング/殺菌でアレルギーを退治しましょう。

代わりに鎮痛剤や抗生物質で免疫システムの独自機能を押し下げると、さらに免疫システムを構築するために、私たちは寒さにする必要があり、発熱や他の天然の病気を持っています。確かに彼らがしていることが素晴らしいですが、あなたの体が与える日常の信号を減衰することはない。アレルギーは、このように粘膜の免疫系や刺激からの反応です。

今日粘膜やボディトリートメントを刺激そんなにもあり、ふるいにかけた洗練された小麦からすべてであります、洗練された砂糖、ホモジナイズ牛乳、水銀、防腐剤、食品添加物などの他のすべてのスウェーデン語のdrabbbadされて含有するワクチンアレルギー、主に自分のライフスタイルに応じていきましょう。